FC2ブログ

▼ 10/5(土) 境和樹が勝負する土曜一番の穴馬はコチラ!▼

競馬 ブログランキングへ


【土曜 京都11R デイリー杯2歳S(GⅡ)】
(芝1600m外 15:35発走)

◎12.ライザン

↓↓↓ 境和樹がレースのポイントを動画で解説 ↓↓↓







このデイリー杯2歳Sというレースのポイントは以下の通り。

1.凱旋門賞血統に代表される欧州血統保持馬
2.逆に完成度の高いダート的ミスプロ系も走る
3.距離短縮組がとにかく強い


この3点です。

 
【欧州血統保持馬の好走例】
成績 血統
11年 1着クラレント 母父ダンシングブレーヴ
11年 2着 ダローネガ 母父ホワイトマズル
10年 1着 レーヴディソール 母父ハイエストオナー
10年 3着 メイショウナルト 母父カーネギー
09年 1着 リディル 母父ダンシングブレーヴ
09年 2着 エイシンアポロン 母父サドラーズウェルズ
08年 1着 シェーンヴァルト 母父エリシオ
07年 1着 キャプテントゥーレ 母父トニービン

このように、凱旋門賞でも走れそうな重たい血統を持っている馬が好走しやすいことが分かります。特に強いのはリファール系。ちょっとこじつけ感は強いですが、昨年の勝ち馬テイエムイナズマも父母父がリファールの系統でしたね。


ただ、言っても2歳秋(しかも序盤)の重賞ですから、やはり『完成度』というファクターも見逃せません。重たい欧州血統保持馬が好走する反面で、真逆とも言えるダート血統保持馬が来ているということも現実。基本的にはタフな流れになってスタミナが問われるレースでありながら、一般的に欧州血統よりダート血統の方が完成度が高いため、そのスタミナ不足を現時点での完成度でカバーしてしまうという捉え方でいいと思います。
 
【ダート血統保持馬の好走例】
成績 血統
12年 2着クラウンレガーロ 母父エンドスウィープ
12年 3着 マイネルエテルネル 父タマユズ
11年 3着 ゲンテン 父バーナディーニ、母父ニューメラス
10年 2着 アドマイヤサガス 母父ゴーンウェスト
09年 3着 ダノンパッション 母父ウッドマン
08年 3着 キングスレガリア 母父ジェイドロバリー

その他、09年2着エイシンアポロンの父ジャイアンツコーズウェイや、06年1着オースミダイドウ、3着マルカハンニバルに関連していたストームバード系も含めれば、全体的に「米国的ダート血統」という括りでも間違ってはいないでしょう。

最後に、「距離短縮組が強い」ということについて。これは単純にデータ的な側面が強いのですが、このレースにおける距離短縮組の成績は(5-5-5-21/36)で勝率13.9%、連対率27.8%、複勝率41.7%というハイアベレージ。これは他の重賞レースと比較してもかなり高い数字と言えます。
先ほどから言っている通り、このレースは2歳馬にとってはかなり過酷な条件となりますから、マイルがギリギリという馬よりもマイル以上の距離を経験していることが大きな強みになるわけですね。データではありますが、このレース自体の位置付けと密接に関連していると考えられるので、重視すべき項目として挙げておきたいと思います。

さて今年、これらのテーマに合致する馬は下記の通り。

1.アグネスドリーム(母父ミスプロ系の距離短縮)
3.ジャックトマメノキ(母父ミスプロ系の距離短縮)
12.ライザン(母父欧州血統、距離短縮)


◎12.ライザンでしょう。母父ケープクロスは、日本ではダービー馬ロジユニヴァースの母父として知られていますが、凱旋門賞を勝ったシーザスターズや、欧州クラシックホースのウィジャボードなどを輩出した欧州性の強い血統。ロジユニヴァースが極悪馬場のダービーで好走したことも、母父に入って欧州的要素を発現させる根拠になるでしょう。
加えて、1800mの未勝利戦を勝っての臨戦という点も強調できる材料。ある程度の人気にはなってしまいそうですが、この馬が最もテーマに合致した馬だと思います。


●境和樹の勝負の一鞍

【土曜 新潟12R 菅名岳特別】
(芝2000m 16:00発走)

※※※※※※

昨年秋の新潟開催、芝コースにおけるディープインパクト産駒の成績は(0-1-1-18/20)。なんと未勝利でした。元々、新潟コースではイメージほど結果を残せないのがこれまでのディープ産駒の特徴。先の夏開催では好走馬が多く出ており、この秋開催の結果が試金石になると個人的には注目しています。 一応、現時点では今開催の新潟芝は『反ディープ』の方針で(すぐに手の平返しする準備はしておきますが)臨むつもり。このレースも実力最上位のダイワユニティーがディープ産駒。過去3年の同コースで5勝を挙げ、勝率ではディープを上回るタニノギムレット産駒、ダンツクロノスの逆転に期待します。


▼境和樹の勝負◎はコチラで公開中!▼
競馬人気ブログランキング



スポンサーサイト



sakai.jpg

第74回スプリンターズS(G1)
1着ロードカナロア
2着ハクサンムーン
3着マヤノリュウジン
:
16着◎フォーエバーマーク

ラップ:
11.9-10.5-10.5-11.0-11.3-12.0
時計:1.07.2

この日の中山は内が極端に有利な馬場となっており、
逃げ馬の馬券絡みが目立ちました。
事実、このレースも逃げたハクサンムーンに内を
綺麗に立ち回ったマヤノリュウジンの2、3着。
馬場傾向からすれば、この2頭がもう一つづつ着順を
上げていてもおかしくなかったと思います。
しかし、それを許さなかったロードカナロア
着差は僅か3/4馬身ですが、馬場傾向を考えれば
圧倒的有利な状況だったハクサンムーン
外から捻じ伏せているわけですから、
その着差以上に力の差はあったということになります。
お見事としか言いようがありませんね。

一方のハクサンムーンは、やはりセントウルSを
勝って“しまった”
ことが最大の敗因だと思います。
もちろん、競馬に出てくる以上負けるつもりで
出てもらっては困るのですが、
あそこでロードを封じてしまったことで、
今回はロードにとって非常にやりやすい競馬となってしまいました。
ロードにとってみれば、
「まさか2度も逃げ切りを許すわけにはいかない」
ということになりますから、
当然、本番ではハクサンを目標に競馬を組み立てますよね。
極端な言い方をすれば、「他に負けてもハクサンだけは捕まえる」
という状況を生んでしまったわけです、
あのセントウルSの勝利が。
サマースプリント王者という称号の代償に、
G1タイトルを逃したという感じでしょうか。

3着マヤノリュウジンがNダンサー系産駒。
同系統の連続連対こそ途絶えましたが、
たった2頭しかいなかった父Nダンサー系のうち1頭が
馬券に絡んだわけですから、相変わらずスプリンターズSと
Nダンサー系の相性の良さは健在ということでしょう。

来年もこれは血統テーマとして重視しなければいけないようです。
正直、昨年の段階では消えゆく傾向かな?と思っていたのですが。
私が買ったフォーエバーマークはシンガリ負け。
まあ、逃げ馬が逃げなきゃこうなっても仕方ありません。
負けるなら大敗と覚悟していましたから、納得です。
自分で考えたテーマに沿えば、本命は必然的にこの馬になりますから。
また出直します。

↓境和樹が狙う次走注目馬はコチラ↓ sakai.jpg
次走注目馬

9/28(土)阪神8R 3歳上500万下
※番人気※着 ※※※※※※※※
休み明けということもあってか、道中かなり行きたがって鞍上を手こずらせていましたが、
追い込み馬が殺到する流れの中、先行して唯一踏ん張った点は素直に評価するべき。
次走は順当に勝ち上がるでしょう。

9/29(日)阪神2R 2歳未勝利
※番人気※着 ※※※※※※※※
2戦続けて上々の粘りを見せているこの馬ですが、
同時に明らかに瞬発力負けしていることもまた事実。
血統が示す通り、適性はダートにあると見ます。
芝なら1400m、理想はダート使い。それならアッサリ勝ち上がれるでしょう。

↓今すぐクリックで次走注目馬をチェック!↓



これで『単勝75倍』の馬券が獲れる!?アナタの競馬観が“変わる”1冊が遂に発売!
『馬券で勝つ非常識ルール21』境和樹(著) 只今、絶賛発売中! 130326_sakai

▼ 9/29(日) 境和樹が勝負する日曜一番の穴馬はコチラ!▼

競馬 ブログランキングへ


【日曜 中山11R スプリンターズS(GⅠ)】
(芝1200m 15:40発走)

◎2.フォーエバーマーク

↓↓↓ 境和樹がレースのポイントを動画で解説 ↓↓↓





昨年も指摘したことですが、スプリンターズSというレースについて、私は、「北海道シリーズのスプリント重賞とのリンク」という隠れテーマが存在していると考えています。
オール洋芝とオール野芝という明確な違いがあるにもかかわらずなぜそうなるのか?について細かい理由は判然としません。しかし、連綿とこのテーマに沿って好走馬が出ていることは事実。その事実に忠実に従おうと思います。

1.毎年、北海道シリーズのスプリント重賞で実績のある馬が好走している。
2.スプリンターズS、北海道シリーズのスプリント重賞ともNダンサー系が強い

昨年で言えば、9番人気3着ドリームバレンチノが該当していましたし、2年前なら9番人気2着パドトロワ、09年の勝ち馬ローレルゲレイロも2歳時ながら函館、札幌で重賞好走の実績がありました。

また、Nダンサー系とスプリンターズS、そして北海道で行われるスプリント重賞の関連性については以下の通り。これが一番着目すべきポイントだと思います。

 
【スプリンターズSにおけるNダンサー系の好走例】
成績 血統
12年 2着 カレンチャン 父クロフネ
11年 1着カレンチャン 父クロフネ
11年 3着 エーシンヴァーゴウ 父ファルブラヴ
10年 1着 ウルトラファンタジー 父エンコスタデラゴ
09年 1着 ローレルゲレイロ 父キングヘイロー
09年 2着 ビービーガルダン 父チーフベアハート
08年 1着 スリープレスナイト 父クロフネ
08年 3着 ビービーガルダント 父チーフベアハート
07年 2着 サンアディユ 父フレンチデピュティ

参考  
【函館スプリントSで好走したNダンサー系】
成績 血統
12年 3着 ビスカヤ 父コマンダーインチーフ
11年 1着カレンチャン 父クロフネ
11年 2着 テイエムオオタカ 父ホワイトマズル
10年 1着 ワンカラット 父ファルブラヴ
10年 2着 ビービーガルダン 父チーフベアハート
08年 2着 トウショウカレッジ 父ラストタイクーン

 
【キーンランドCで好走したNダンサー系】
成績 血統
13年 1着 フォーエバーマーク 父ファルブラヴ(※函館で施行)
12年 3着テイエムオオタカ 父ホワイトマズル
11年 1着 カレンチャン 父クロフネ
11年 2着 ビービーガルダン 父チーフベアハート
10年 1着 ワンカラット 父ファルブラヴ
10年 2着 ジェイケイセラヴィ 母父コマンダーインチーフ
10年 3着 ベストロケーション 父クロフネ
09年 1着 ビービーガルダン 父チーフベアハート
09年 2位入線 モルトグランデ 父ウォーチャント
08年 2着 ビービーガルダン 父チーフベアハート

このように、スプリンターズSでも函館、札幌のスプリント重賞でも共通して好走馬を輩出しているのがNダンサー系。この血統傾向から「スプリンターズSと北海道シリーズの関連性」が本格的に導かれるわけです。

このテーマに沿って、今年のスプリンターズSで買うかどうか検討すべき穴馬を抽出します。

2.フォーエバーマーク(13年キーンランドC1着)
5.マヤノリュウジン(Nダンサー系キングヘイロー産駒)
6.ドリームバレンチノ(12年函館SS1着)
8.パドトロワ(13年函館SS1着その他)


今年は◎2.フォーエバーマークに期待します。父が今回の鍵になるNダンサー系ファルブラヴ、そしてこの馬自身、前走で函館のスプリント重賞を勝っています。これが私の考えるスプリンターズSのテーマに合致します。
たしかに、ハクサンムーンとの兼ね合いは厄介です。おそらく、二の脚の速さなら向こうが上でしょうから、早々楽な展開になるとは思えません。しかし、そういった目に見えた不安要素があるからこそ人気が落ちていることもまた事実。そして、人気薄に関しては減点材料を見ずに加点材料のみに着目するのが私のスタイルです。自分が考えるスプリンターズSのテーマに合致する穴馬の中なら、やはりこの馬から買わないわけにはいきません。

130915阪神11R

●境和樹の勝負の一鞍

【日曜 阪神9R 兵庫特別】
(芝2400m 14:15発走)

※※※※※※

デビューからマイル以下の距離を使われ続けてきた戦歴から、2400mというイメージが湧きづらい馬ですが、母父マヤノトップガンに母母父リアルシャダイですから、血統的にはむしろ歓迎という見方が可能。一気に距離を延ばした前走のセントライト記念でもスムーズに折り合っていましたし、距離に関する心配は皆無と言っていいでしょう。そのセントライト記念は直線で外から押圧されて鞍上が立ち上がるほどの不利。スムーズな競馬で秘める長距離適性を開花させてほしいもの。ひょっとしたら菊花賞に間に合うか…!?


▼境和樹の勝負◎はコチラで公開中!▼
競馬人気ブログランキング




↓↓ 水上学が狙う ↓↓
↓↓ シリウスS(G3)の穴馬を今すぐチェック ↓↓


競馬 ブログランキング




【阪神11R シリウスS(G3)】
(ダート2000m 15:35発走)

本命:
⑮ハートビートソング

KEYホース:
※※※※※※※※※

このコースの血統傾向として、芝ダート兼用で、そして芝では瞬発力に欠けることが挙げられる。
該当種牡馬から⑮番。父はこの傾向に合致するゼンノロブロイ。当該コース【2-1-1-7】で好走確率も高い。 昨年の勝ち馬⑬番は、去年より斤量と臨戦過程が悪く連下とした。

穴の※番は、おととし3着、去年は1年ぶりで4着とこのレース、このコースと相性が良く侮れない。去年より着順は悪いのだが、阿蘇Sからの参戦は3着した一昨年と同じだ。クセ馬だが、この手のタイプはいつ激走するか分からないので、常に警戒しておく必要がある。今回は舞台が合うという理由がある。


水上学が選び抜いた
シリウスS(G3)の穴馬はコチラから
↓↓ ↓↓ ↓↓ ↓↓


水上学馬券コンサルティング


▼ 9/28(土) 境和樹が勝負する土曜一番の穴馬はコチラ!▼

競馬 ブログランキングへ


【土曜 阪神11R シリウスステークス(GⅢ)】
(芝2000m 15:35発走)

◎6.フサイチセブン

↓↓↓ 境和樹がレースのポイントを動画で解説 ↓↓↓



 

  このレースのポイントは3点です。

1.父ミスプロ系圧倒的有利
2.芝でも走れる血統、馬
3.リピーター性が強い


まずは「1.父ミスプロ系圧倒的有利」というポイントについてです。

【シリウスSで好走した父ミスプロ系】
成績 血統
12年 1着 ナイスミーチュー 父キングカメハメハ
12年 2着 ヤマニンキングリー 父アグネスデジタル
11年 1着 ヤマニンキングリー 父アグネスデジタル
11年 2着 キングスエンブレム 父ウォーエンブレム
11年 3着 フサイチセブン 父フサイチペガサス
10年 1着 キングスエンブレム 父ウォーエンブレム
10年 2着 ラヴェリータ 父アンブライドルズソング
09年 3着 ゴールデンチケット 父キングカメハメハ
08年 2着 ワンダースピード 父キンググローリアス
07年 3着 ワンダースピード 父キンググローリアス

と、このレースが阪神ダ2000mで施行されるようになって以来、毎年1頭は馬券に絡む「父ミスプロ系」。現在、3年連続でワンツー決着と、その支配力は圧倒的とも言っていいレベルにあります。たしかに該当馬が多いことはありますが、まずは父ミスプロ系の馬を選別し、そこから本命馬を選ぶというスタンスが妥当でしょう。

そのミスプロ系も含めて、さらに枠を広げると「2.芝でも走れる血統、馬」というポイントに繋がります。

【シリウスSにおける“芝OK血統”の好走例】
成績 血統
12年 1着 ナイスミーチュー 父キングカメハメハ
11年 1着 ヤマニンキングリー 父アグネスデジタル
10年 3着 チョイワルグランパ 父マンハッタンカフェ
09年 2着 ダークメッセージ 父ダンスインザダーク
09年 3着 ゴールデンチケット 父キングカメハメハ
08年 3着 ダークメッセージ 父ダンスインザダーク

【シリウスSにおける“芝実績馬”の好走例】
成績 主な芝実績
12年 2着 ヤマニンキングリー 札幌記念ほか重賞2勝
11年 1着 ヤマニンキングリー 札幌記念ほか重賞2勝ル
11年 2着 キングスエンブレム 3歳時に芝のオープン勝ち
10年 1着 キングスエンブレム 3歳時に芝のオープン勝ち
09年 2着 ダークメッセージ 日経新春杯2着
09年 3着 ゴールデンチケット 毎日杯2着
08年 3着 ダークメッセージ 日経新春杯2着

まあ、該当馬は「1.父ミスプロ系圧倒的有利」というポイントと重複する馬が多いことは間違いありませんが、非ミスプロ系で馬券になる馬は、だいたいこのパターンを満たしていると考えることができます。万が一、非ミスプロ系から攻めようと思う場合、「他の要素で買いたいけど、父ミスプロ系じゃない」というような場合には、血統もしくは自身のキャリアから芝でもOKと判断できるかどうかに着目することをおススメします。

最後にリピーター性について。実はこれがシリウスSのおいて最も重要なポイントかもしれませんね。

【シリウスSのリピーターホース】
シリウスS出走歴
ヤマニンキングリー 11年1着、12年2着
キングスエンブレム 10年1着、11年2着
ダークメッセージ 08年3着、09年2着
ワンダースピード 07年3着、08年2着

リピーターが多いということは、それだけそのレースで特殊な適性が要求されるということの証明です。求められる適性が特殊だからこそ、その適性を持った同じ馬が何度も馬券になるわけですね。先の父ミスプロ系偏重の血統傾向も合わせて考えれば、シリウスSにおいて特殊な適性が要求されるということは明らかと言っていいでしょう。

以上の点をベースにすると、今年の上位候補は以下の通りとなります。

6.フサイチセブン
13.ナイスミーチュー
15.ハートビートソング

13.ナイスミーチューはミスプロ系キングカメハメハ産駒で昨年のこのレースの勝ち馬。15.ハートビートソングは父ミスプロ系ではありませんが、芝OKのゼンノロブロイ産駒で自身も芝でアルゼンチン共和国杯2着の実績があり、このコースも2戦2勝と適性を実証しています。6.フサイチセブンはミスプロ系フサイチペガサス産駒で、2年前のこのレース3着馬。昨年も1年ぶりという不利な状況ながら3着グレープブランデーとクビ差ですから、リピーターに準ずる適性を見ていいでしょう。

普通は13.ナイスミーチューが本命、逆転があれば15.ハートビートソングという予想になりますが、両者とも上位人気は必至の存在。そうなると、前者は昨年より3.5キロ斤量が増えている、後者は休み明けと目に見える減点材料が気になります。
ならば、馬券的な狙い目は◎6.フサイチセブン。休み休みにしか使えない馬ですから、前走の小倉戦から続けて使える点は加点材料でしょう。前2年より軽い57キロの斤量も魅力。前2年より着順を上げてきても驚けない下地はあると見ました。

単勝 6.フサイチセブン 2000円

複勝 6.フサイチセブン 4000円


●境和樹の勝負の一鞍

【土曜 阪神10R 芦屋川特別】
(芝1200m 15:00発走)

※※※※※※

既走馬相手の初戦がかなり見どころのあるレース振り。次は勝つだろうと思っていたところ、なんと続く2戦目は意味不明な1600mへの距離延長…。案の定失速に終わりましたが、ダート的要素満載のこの血統背景、断然適性は短距離のはずです(これがダートならもっとヤル気になったところですが)。未勝利馬の身で1000万挑戦。さすがに2階級の飛び級では大きなことを言えませんが、ひょっとしたら…と魅力を感じる1頭。配当妙味を狙ってみたいところです。

▼境和樹の勝負◎はコチラで公開中!▼
競馬人気ブログランキング